読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画のあとにも人生はつづく

最近見て心に残った映画について書いています

幸せなひとりぼっち

f:id:mikanpro:20161226203034j:plain

ブーケを買おうとしている老人。二束買うと割引なのだが、一束しか必要が無い。店員に一束なら割引額の半額にすべきだと言い募っている。あきれ顔の店員。次に訪れるのは墓地。墓石のそばにたたずむ老人の手にはブーケが二束。結局店員の言うことを聞いたんだなと思わず笑ってしまう。

 

老人は妻に死なれたばかりのやもめ暮らし。何もかも面白くない。ある日長年勤めた鉄道会社もクビに。首を吊って死のうとするが、窓から見えるのは自分の家に今にもぶつかりそうな引っ越しの車。新しい隣人がやってきたのだ。我慢できず飛び出し、運転の下手さを罵る老人。やれやれ自殺もままならない。

 

映画は、ひねくれ老人オーヴェのこれまでの半生をはさみながら、引っ越してきた隣人との交流を描く。嫌われ者の老人がどう変わってゆくのか。時に笑いを交えながら、ハラハラドキドキ描いてゆく。                                                                                      

                                                                                        f:id:mikanpro:20161226203120j:plain                          

原作の「幸せなひとりぼっち」はスウェーデンの作家フレドリック・パックマン著作で、250万部の世界的ベストセラーだという。監督・脚本はスウェーデンのハンネス・ホルム。

 

「オーヴェは私自身の父親に似ている。父親は非常にきっちりした人でね、不愛想で冷たそうに見えたけど、中身は愛情深くて温かい人だった。…そういえば最近、喫煙禁止場所でタバコを吸っている人を見かけたんだ。私は近寄って行って、ここは喫煙禁止だと注意したよ。私もその性格を受け継いでいるのかもしれない。」(ハンネス・ホルム)

 

まわりが何と思おうと自分の規律に従って生き、周りからは煙たがられる老人は人間の定型の一つだ。しかし大抵の場合、社交的な奥さんが周囲との橋渡し役を行う。そうでなくても大抵の場合、仕事は有能で、不愛想であることが逆に信頼感を産んだりする。この主人公の場合、そのどちらもが一挙に奪われ、嫌われるしかない状況に追い込まれるのだ。

f:id:mikanpro:20161226203217j:plain

この映画の面白いところはオーヴェの若い日々を描きながら、現在の嫌われ老人を描いてゆくことだ。当たり前だがこんなおじいさんでも若い頃があり、情熱的な恋愛もしたのだ。
よくよく知ってみると可愛げがあって愛すべき人物に思えてくる。隣人の主婦パルヴァネはそのことが直感的にわかるのか、なぜか最初から嫌がるそぶりもない。

 

ある時、彼に車の運転の教師を頼むのだが、うまくいかずに落ち込んでいると、オーヴェはこういって励ますのだ。

                                                         

「あなたは3人の子供を産み、戦火のイラクを生き延び、こんな遠くまで旅をしてきて、あんな頼りない旦那と夫婦をやっている。運転ぐらい出来ないわけはない。」
                                                                                       

                                                                                f:id:mikanpro:20161226203311j:plain                          

冷たく接するように見えて、こういう風に見ていたのかと改めて感心する。この隣人との出会いでオーヴェは日々の生甲斐を見出すが、彼自身は本質的なところは何も変わっていない。私たちの見方が、彼を知ることで変わったのだ。原作のフレドリック・パックマンはこう語っている。

 

「本の冒頭でもラストでも同じ人物だ。読者の視点が変わっただけ。彼が感情移入しやすい人物になったのではなくて、読者が彼という人間の理解を深めたということなんだ。」

 

人を理解することは難しい。でも逆に人は、自分を理解してくれる人がたった一人でもいれば生きていける。そのことをユーモアと少しばかりのペーソスで描く、あたたかな映画である。

 

監督・脚本:ハンネス・ホルム

主演:ロルフ・ラスゴード

原作:「幸せなひとりぼっち」フレドリック・パックマン著 ハヤカワ文庫

スウェーデン 2015 / 116分

 
公式サイト 

http://hitori-movie.com/