読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画のあとにも人生はつづく

最近見て心に残った映画について書いています

沈黙 -サイレンス-

f:id:mikanpro:20170126212630j:plain

長崎、雲仙。熱湯の温泉を体に浴びせられる外国人たち。肌が赤く灼け呻き声が地に満ち、地元で地獄と呼ばれる風景がまさにそこにある。江戸のはじめ、キリシタン禁制の時代に日本に来た宣教師たちだ。

 

多くの宣教師は拷問の末殉教するか、または棄教した。その中に長老のフェレイラ神父もいるという。フェレイラは不屈の信念を持つといわれる日本布教の責任者だ。そんな人がまさか棄教するはずはない―。若い宣教師ロドリゲスとガルペは、師フェレイラの消息を求めて日本に密航する。

 

隠れキリシタンたちに匿われ、ひそかに布教を行う二人だったが、やがて役人たちに見つかり、信徒たちは拷問死、自らも捕縛され棄教を迫られることになる。

 

なぜ信徒たちはこれほど苦しまねばならないのか。なぜその問いに神は答えないのか。映画は若いロドリゲスを主人公に、信仰と現実の苦悶の板挟みに揺らぐ姿を描いてゆく。                                                        

                                                                       f:id:mikanpro:20170126212719j:plain

 

原作は遠藤周作。監督はマーティン・スコセッシ。監督はこれまで様々な作品を通じて「信仰」の問題を考えてきたという。

 

「私は自分自身の信仰について葛藤がありました。信仰の意味を本当に理解しているのか。敵に屈するとはどういうことか、心が弱いとは何を意味するのか、自分の弱さを克服して再び強くなるとはどういうことなのか、が分からなかったのです。これら全てのコンセプトはロドリゲスという作中人物に集約されるわけです。」

 

役人の井上筑後守はロドリゴをすぐに拷問にかけるわけではない。かわりにいくつかの問いかけを行う。

 

「そもそも日本にはキリスト教は根付かない。なぜ無理して布教するのか。」

 

「殉教は宣教師の栄光だろうが、それに巻き込まれて多くの信者が死に、苦しむ。災いをもたらしているのは宣教師ではないのか。」

 

そして、「穴吊り」の拷問に昼夜苦しむ信者のところに連れてゆき、もし棄教すれば、彼らを助けると言うのだが…。

f:id:mikanpro:20170126212818j:plain

 

映画は原作にほぼ忠実に作られている。ただその中でキチジローという男だけが少し印象が違う。キチジローは家族を見捨て自分だけ踏み絵をして命が助かった男だ。原作では弱きものの代表で卑しい人物として描かれる。あるいは誰の心にもある弱さの象徴として。そしてそのように強くない我々が、まっとうに生きていくにはどうすればいいのか、と問いかける。

 

しかし映画では、キチジローは卑しく見えない。弱くはあるが卑しく見えないのだ。なぜなのか。それは、演じた窪塚洋介のまなざしの強さのせいだと思う。むしろ、卑怯な行いを続けながらロドリゲスのそばを離れず信仰を捨てない彼が、妙に好もしく見える。

 

窪塚はあるインタビューでこう語っている。

 

遠藤周作さんは彼を弱き者として描いているけれど、おれは正直言うと、すごく弱いんだけど、強さの裏返しみたいな部分があると思ってました。よくその空気の中でそんなに何度も踏み絵踏めるなっていう。『逆に強くねえかお前』っていう思いにもなったんです。裏切って、走って逃げて、でも逃げるって全部背負っていくことだし、それでも生きるっていうことは人間が強くないとできない。」(The fashion post )

                                                             

                                                                               f:id:mikanpro:20170126212845j:plain

                    

倫理観が希薄になった現代的な見方だと思うが、的を得ているかもしれない。遠藤は人間の弱さをわがこととして捉え、苦渋の末にそれを肯定する。一方、窪塚はひょうひょうとその弱さを逆に強さとして肯定する。その違いが人物像に表れる。

f:id:mikanpro:20170126212907j:plain

ただ、強さも弱さも時と場合による。ある時は強いしある時は弱い。ある時は崇高なことを考えある時は卑しい。人はその間を行ったり来たりするのだと思う。だとすればキチジローはやはり誰の心にもいる。そして窪塚のように弱さを簡単に反転できない人間は、うちなるキチジローをなだめ、手なづけてゆくしかないのだ。映画のロドリゲスのように。

 

監督:マーティン・スコセッシ
主演:アンドリュー・ガーフィールド窪塚洋介イッセー尾形 ほか
原作:「沈黙」遠藤周作 新潮文庫

アメリカ映画 2016 / 161分
 
公式サイト

http://chinmoku.jp/