映画のあとにも人生はつづく

最近見て心に残った映画について書いています

ニューヨーク公共図書館  エクス・リブリス

f:id:mikanpro:20190713234204j:plain

どこかホールのようなところで、聴衆を前に話をしている。「利己的な遺伝子」の著者ホーキンス博士だ。歯に衣着せぬ辛辣な物言いに聴衆が笑いにつつまれる。ここはマンハッタンにある「ニューヨーク公共図書館」。「午後の本」という図書館のトーク企画で、誰もが気軽に参加できるという。

 

映画はこの図書館の活動を描くドキュメンタリーだ。著者を招いてのトークイベントだけでなく、ピアノコンサートや歌手を招いてのライブ、子どもたちへの教育プログラムから、なんと就職支援プログラムまである。

 

図書館幹部たちの運営に関するディスカッションをはさみながら、ひとつひとつ活動を紹介してゆく。ナレーションはなく、インタビューすらない。私たちは映画を見ているというより、図書館の活動現場に赴き体験してゆくという感覚になる。                     

                                                                          f:id:mikanpro:20190713234232j:plain

監督はフレデリック・ワイズマン。現在89歳で、ドキュメンタリーはこの作品で41作になる。インタビューの中で、「図書館は『民主主義の柱だ』という発言が映画の中にありましたが、ちょっと大げさではありませんか」という質問に、こう答えている。

 

「図書館で12週間過ごした結論としては、『民主主義の柱』というのは公正で正確な表現だと思うよ。NYPL(ニューヨーク公共図書館)は本を探したり、資料を閲覧しに行ったりするだけの場所ではなくて、住民や市民のための重要な施設なんだ。貧しく、移民が多く暮らす地域では特にね。…NYPLは、すべての人に門戸を開くという、非常に民主的な考えを体現している場所なんだ。」

 

図書館は『民主主義の柱だ』という発言は、館長の講演の中で偉大な黒人芸術家の発言として語られた。ノーベル賞作家のトニ・モリソンだ。同時に詩人マヤ・アンジェロウ「図書館は雲の中の虹」という言葉も紹介される。

 

こうした言葉や活動は、映画のなかでそのままの形で提示されるが、ワイズマンが共感したものに違いない。内容もさることながら、切り取る長さ、順番が映画のトーンを決めている。全部で3時間25分の長さである。

f:id:mikanpro:20190713234337j:plain

中でも興味を引いたのは、職員たちのホームレスについての議論だ。図書館に来るホームレスとどう向き合うかが、真剣に話あわれている場面。そういえば昔、日比谷図書館でホームレスらしき人がよく新聞を読んでいたなあと思い出した。

 

ある人は図書館で一定のルールを設け、寝ているばかりの人は注意すればと言い、ある人は来館者がホームレスを避けるのはその存在に慣れていないからで、社会のあり方を変えた方がいいという。

 

「最終的に変えるべきはこの街の文化だ。」

 

実際には、匂いがきつかったりすると傍にいるのが苦しくなる。その点はどうなんだろうと思ったりしたのだが。

 

ネットの記事を見てみると、ここに限らずアメリカの図書館ではホームレスの問題に取り組んでおり、職員は社会復帰に貢献する最前線に立っている、という。                                                                     

                                                                                   f:id:mikanpro:20190713234418j:plain

こうした議論や活動を見ていると、近年トランプ氏の登場ですっかり忘れられていたアメリカの善なる側面が垣間見える。アメリカの善なる面とは、この映画のなかでも誰かが語っていたが、「必要だけれど面倒なこと」を引き受けるということだと思う。

 

ワイズマンは自らの作品のテーマについて語ることはほとんどない。それはこの映画の作られ方、インタビューもせず実際の活動を撮影し編集して見せるだけという方法に直結している。最後に登場する、陶芸家エドムンド・デ・ワールの言葉はそれをよく表していて印象的だ。

 

「創作物を描写するときはきわめて慎重に。創作の過程は省いてはならない。物の作り方が人を定義するのだ。」

 

f:id:mikanpro:20190713234459j:plain

監督・製作・編集・音響:フレデリック・ワイズマン
撮影:ジョン・デイヴィー

アメリ  2017 / 205分

公式サイト

http://moviola.jp/nypl/

アマンダと僕

f:id:mikanpro:20190630180030j:plain

学校が終わっても迎えのおじさんがいない。アマンダは学校の出口で立ち尽くしているが、先生に促されて教室に戻る。おじさんの“僕”はアパート管理の仕事で遅刻したのだ。帰ると姉でアマンダの母親はカンカン。“僕”ダヴィッドはことの重要性に気づく様子もない。

 

母親のサンドリーヌは英語の先生だ。アマンダととても仲がいい。アマンダが、「エルヴィスは建物を出た、って何のこと?」と聞くと丁寧に教えてくれる。コンサートが終わっても帰らない観客にアナウンスした言い方が有名になって、

 

「望みなし、もうおしまいっていう意味よ」

 

そしてエルヴィスの曲をかけ、二人で笑いながら踊り始める。ここはパリである。

 

ある日、ダヴィッドはサンドリーヌと公園で待ち合わせるが、遅れて公園に着くと、そこにいるほとんどの人が血の海に倒れていた。銃の乱射テロだ。サンドリーヌも巻き込まれて亡くなってしまう。呆然とするダヴィッドは、アマンダが一人で寝ているアパートに向かうが…。                                      

                    f:id:mikanpro:20190630180103j:plain

監督はミカエル・アース。これが長編3作目だという。

「私はこの映画を作るにあたって、自分が住んでいる今のパリを描きたいと思いました。パリは、いまテロの経験を経た状況にあります。この映画は、テロの事件に社会的・政治的意味を込めたわけではなく、あくまで一個人のレベルで、突然肉親を失った子の周辺で起こった背景として描いています。」

 

静かに笑い、静かに怒る。泣くときには傍目を気にせずさめざめと泣く。ダヴィッドはそう言う男だ。アマンダも同じ。静かに強く望むことを言うだけだ。静かすぎるような二人だが、アマンダの面倒を見るのかどうするのか、悩む日々が続く。自分の気持ちの整理もできないのに子育てなんて。何よりダヴィッドは幼いころ、母親が自分たち姉弟を捨てて出ていった過去を持っていた。

 

児童養護施設を見学したり、遺された子どもに対する好奇のまなざしに出会ったり。叔母からは、自分たちを捨てた母親が、子どもを気遣って何度も連絡を取ってきたということを知る。アマンダとの日々をたんたんと生きながら、次第に気持ちが変化してゆくダヴィッド。

 

「私は、哀しみの殻に閉じ込められた人々ではなく、感情に動かされる人々を描きたいのです。喪失の中にいる人は様々な感情を経験します。私はその複雑さ、内に秘めた大きな哀しみと小さな哀しみ、大きな幸せと小さな幸せの間の振り子を、しっかりと表現したいと思いました。」(ミカエル・アース監督)

 

f:id:mikanpro:20190630180246j:plain


映画の終盤、母親が暮らすイギリスをアマンダと二人で訪れる。姉のサンドリーヌが亡くなる前、3人でウィンブルドンの試合を見に行く計画を立てていたのだ。試合を見ながらアマンダは「エルヴィスは建物を出た」と何度もつぶやく。ダヴィッドには意味が分からないが、応援している選手が負けそうなのだ。そして大粒の涙をこぼす。

 

「エルヴィスは建物を出た、もうおしまいよ」

 

見ている私たちはその時に気づく。母親がいなくなってからアマンダは、この言葉を心の中で何度繰り返しただろう、と。ほとんど感情を表わすことなく。試合の結果がどうあれ、そのことに胸が痛んで仕方がなかった。

 

監督・脚本:ミカエル・アース
主演:ヴァンサン・ラコスト、イゾール・ミュルトリエ、オフェリア・コルブ
フランス  2018 / 107分

公式サイト

http://www.bitters.co.jp/amanda/

 

アメリカン・アニマルズ

f:id:mikanpro:20190615190929j:plain

ストーリーはいたって単純。大学生たちが、図書館に保管されている12億円もの希少本を盗み出そうと決意し、実行に移すまでの物語。だが、みな根はまじめ(?)で、こんなことに慣れてないものだから、あらゆる段階で珍妙なすったもんだが起きる。これは実話だそうだ.

 

ケンタッキー州トランシルヴァニア大学。この大学の図書館に保存されているのは、19世紀の博物学者ジョン・ ジェームズ・オーデュボンの「アメリカの鳥類」。何と縦1mもある巨大な本で、北米に棲息する実物大の鳥たちの博物画集である。図書館では見学ツアーが行われており、値段を聞いた学生のスペンサーは友人のウォーレンと盗み出す計画を立てる。

 

スペンサーは画家志望だ。ウォーレンに言う。

 

「特別なことが起きるのを待っているんだ。でもそれが何かがわからない。」

 

特別なことは自分で起こせばいい-。2人は綿密な(?)計画を立てる。図書館司書を動けなくして盗んだ後は地下室から外へ出ればいいのだ。さらに2人の仲間を加えて老人に変装し、図書館に向かうのだが…。

                                                                             f:id:mikanpro:20190615190953j:plain

監督は、ドキュメンタリー映画に実績のあるバート・レイトン。長編ドラマとして初の監督作だ。

 

「そもそもなぜ恵まれた環境の教養もありそうな若者たちがそんな犯行に及んだのか、その謎を解きたいと思った。長年ドキュメンタリーで培われた直感から、関係者と接触することを考えた。」

 

映画は実際の4人がインタビューで登場する。4人の記憶がこの作品のベースになっているのだが、事実関係の認識に違いがあれば、その違いを違いのまま作品に表わそうと試みる、ちょっと変わった映画だ。本人が、自分を演じた役者から問いかけられる、というユニークなシーンもある。

 

スペンサーとウォーレンは、とにかく特別な人間でありたいと焦っている。特に金持ちの家庭に生まれたわけでもない、特別な才能があるわけでもない。とすればあとはリスクを冒してお金を手に入れる、というのが特別な人間の在り方らしい。 

f:id:mikanpro:20190615191038j:plain

そのお金で何をするかという話が一切出てこないので、おそらく単に刺激が欲しかっただけだと推察するがどうだろうか。犯罪映画の登場人物に自分をなぞらえ自己陶酔しているのだ。だが監督が実際の4人に話を聞いたところ、驚くべきことを4人とも答えた。

 

刑務所で暮らした最初の2年間が、4人とも「自分たちの人生で最高の時間だった」というのだ。なぜか。

 

「自由だったから。両親や教師たちのあらゆる期待から自らを解き放つことができたからだ」

 

と言う。

 

家族は息子が特別であることをそこまで期待するだろうか。もしそうならそれこそ特別ではないか。これは「両親や教師たちのあらゆる期待」ではなく、「自分自身が自分にかける期待」の間違いではないのか。期待を錯覚する他律的な生真面目さが、少し哀しくさえある。

 

監督・脚本:バート・レイトン
主演:バリー・コーガンエヴァン・ピーターズ
アメリカ・イギリス  2018 / 116分

公式サイト

http://www.phantom-film.com/americananimals/

僕たちは希望という名の列車に乗った

f:id:mikanpro:20190521222404j:plain

1956年、東ドイツスターリンシュタット駅からベルリンに向かう二人の青年がいた。西側にある祖父の墓参だという。クルトは、数多く並んだ墓標のひとつに佇みぼそっとつぶやく。

 

戦死なんて意味が分からん

 

そのあと忍び込んだ映画館で二人は西側のニュースを見て驚く。東ドイツと同じ立場のハンガリーで、ソ連の支配に抗して民衆が蜂起、多くの死傷者が出たのだ。クルトは翌日、進学クラスの仲間に、授業の開始後2分間の黙とうを提案する。

 

死んだ同志のために!

 

ただのいたずらに近い行為だった。しかしその行為の波紋は大きく広がり、軍学務局から果ては教育大臣まで登場して、首謀者探しが始まる。デモを起こしたハンガリーの民衆を支持することは、社会主義に対する深刻な敵対行為というわけだ。生徒たちは政治的な意図はないと弁明し、首謀者はいないと主張するのだが…。                                     

                                                                               f:id:mikanpro:20190521222436j:plain

監督は「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」のラース・クラウメ。

「本作も『アイヒマン~』同様、大きな混乱に陥った国で何が起こっていたのか、そして、恐ろしい歴史から新しい未来へつながる道をどうやって見つけようとしていたのかを描いている。東ドイツは国家と社会を通してその道を見つけようとし、西ドイツはそれとは別のものを通して見つけようとした。どちらの試みも非常に困難だった。両作で表現したいのは、そこなんだ。」

 

口を割らない学生たちに苛立ち、教育大臣のランゲは「首謀者を教えないと卒業試験を受けさせない」と脅す。エリートコースを約束されている学生たちは、家族の期待とのはざまで苦悩することになる。クルトは厳格な市議会議長の息子であり、親友のテオは父親が製鉄工場で働き、息子がエリートの進学クラスにいることを誇りに思っているからだ。

f:id:mikanpro:20190521223521j:plain

この群像劇の中で、特に印象に残る青年像はエリックだ。2分間の黙祷の最中には教師の問いかけに我慢できず、「抗議のしるし」と答えてしまう気弱さがあり、逆に内に何かを秘めているようでもある。

 

エリックは、郡学務局の追求を受けて西側のラジオ放送をどこで聞いたのかを話してしまう。黙祷の首謀者は明かさなかったがラジオを聞かせてくれた人物への裏切り行為だ。そのため級友にしたたかに殴られるエリック。エリックは他の学生に比べて弱い人物なのだろうか?

 

エリックの父親は、ナチスと闘った英雄だとエリックは思っている。その面影を誇りに生きてきたのだ。しかし、やがて郡学務局はその父親の過去を暴き出し、エリックに二者択一を迫る。その事実を公にするか、首謀者を教えるか、と。ひどい話である。追い詰められたエリックは…。                                                          

                                                                               f:id:mikanpro:20190521222717j:plain

誰もが弱い。教育大臣のランゲはかつてナチスの拷問で付いた傷跡を、強さの証として誇らしげに見せる。しかしエリックが弱いと言うなら、ランゲだって弱いと思う。体制が自分側になると異論を権力で封殺する人間は弱い。その弱さを支えるのが「大義」だ。声高に大義を掲げると目の前の小さな事柄に目がいかなくなる。そして多くの悲劇が生まれる。

 

映画は自分たちの目の前の小さなことを必死に守ろうとした若者たちの物語である。しかし、ドイツを東西に分けたベルリンの壁が築かれそして崩れ去るまで、ここから実に33年の歳月を必要とする。

 

監督・脚本:ラース・クラウメ
主演:レオナルド・シャイヒャー、トム・グラメンツ、ヨナス・ダスラー
ドイツ  2018 / 111分


公式サイト 

http://bokutachi-kibou-movie.com/

荒野にて

f:id:mikanpro:20190512182041j:plain

目が覚めると父親の部屋から聞き覚えのない女の声がする。15歳のチャーリーは扉の前で少し佇むと帽子をかぶって外に出てゆく。ジョギングするのだが、普段着のせいかどこかへ走って逃げてゆくような感じもする。

 

学校にも行かず父親と二人暮らしのチャーリーは、ジョギングの途中、近くの競馬場で馬の世話を頼まれる。馬の名はリーン・オン・ピート。チャーリーは次第にこの馬にのめりこんでゆくが、女性騎手のポニーは

 

「馬を愛しちゃダメ。必要なのは勝つ馬。それが現実

 

という。競走馬は勝たなければ生きている意味がないというのだ。

 

ある日、この間家に泊めた女性の亭主が夜中に怒鳴り込んでくる。殴られた父親は、倒れこんだガラス窓の破片で大けがを負い入院。リーン・オン・ピートの遠征中になんと急死してしまう。悪いことは重なるもので、老馬のリーン・オン・ピートもレースに負けメキシコに送られることになった。

 

チャーリーは、伯母が住むというワイオミング州を目指し、リーン・オン・ピートを黙って連れ出すのだが…。                 

                      f:id:mikanpro:20190512182114j:plain

監督・脚本は「さざなみ」のアンドリュー・ヘイ。

 

「彼ら(自分の作品の主人公)はみんな、自分が世界の中でいかに孤独であるかを必死に理解しようとしている。孤高なのではなく孤独。世界から引き離され、置いてきぼりにされてしまったような感覚だ。ぼくらのほとんどはたぶん、人生の中でひとりでいることをなるべく避けようと生きているものじゃないかな。そして再びひとりになることは、どれだけ辛いことか。」

 

父を失い、愛する馬を見捨てようとする人たちから逃げ、ひとりになった少年と馬の、荒野を渡る道のりは厳しい。車の故障、荒野の動物たちの鳴き声におびえる馬、出会った人の豹変、いくつもの出来事が降りかかり、そのたびごとにチャーリーは選択を迫られる。

 

チャーリーの胸にいつもあるのはかつて幸福だった家族の思い出だ。歩きながら馬のピートに語りかけるその思い出が彼に勇気を与える。災難に会うたび、施設に入る選択を拒んできた背景にはこの思い出の力があるのだろう。叔母さんに会いさえすれば…。

f:id:mikanpro:20190512182202j:plain

原作はアメリカの作家ウィリー・ヴローティンの同名小説で、その序文にはスタインベックのこんな言葉が引用されているという。

 

「たしかに人は弱く、病みがちで、諍いを起こす。だがもしそれだけの存在なら、われわれは何千年も前にこの地上から消えていただろう」

 

理不尽な目に会いながら、チャーリーは「それだけ」ではない小さな光を見つめ続けた。チャーリーにとってそれは幼いころの家族の思い出だった。そのまなざしは逆に、私たちにとって「小さな光」とはいったい何なのか、もう一度思い起こさせる清新な力がある。 

                                       

                      f:id:mikanpro:20190512182230j:plain

監督・脚本:アンドリュー・ヘイ
主演:チャーリー・プラマー、スティーヴ・ブシェミ

イギリス  2017 / 122分


公式サイト

https://gaga.ne.jp/kouya/

幸福なラザロ

f:id:mikanpro:20190430140540j:plain
イタリアの山奥の小さな村。ひとつ屋根の下に住む年頃の娘たち。窓の外ではその娘のひとりに愛を打ち明ける歌を歌う男。場面は転換し、皆が見守る中、部屋の中で求婚する男と受け入れる女。夜通し続く祝い。小さな共同体の幸福。

 

ふたりはこの小さな村を出たいと言う。しかし、侯爵夫人の許しがないと無理だと言われる。村の外には狼もうろついている…。いつの時代なのか判然としないが、村人は侯爵夫人の小作であり、通いの商人からの借金でがんじがらめの状態であるらしい。

 

村人の中に働き者のラザロという青年がいた。何を頼まれても嫌な顔一つしない。しかし村人は彼をなんとなく馬鹿にしている、そういった関係。侯爵夫人はラザロを見てつぶやく。

 

「私は村人を搾取する。村人は彼(ラザロ)を搾取する。」 

          

                     f:id:mikanpro:20190430140604j:plain

ある日、とある出来事がきっかけで、この村に街の警察がやってくる。隔絶した社会に生きている村人は驚くが、なお驚いたことに「小作」は今、法律で禁止されているという。実はこの物語は現代で、とっくに小作制度が終わったにも関わらず、侯爵夫人は村人を騙して奴隷のように働かせていたのだ。

 

ラザロはといえば、警察のヘリに驚き足を踏み外してがけ下に転落し死んでしまう。村人はラザロのことは忘れみなで街へ出てゆくが…。

 

監督は「夏をゆく人々」(夏をゆく人々 - 映画のあとにも人生はつづく)のアリーチェ・ロルヴァケル。これは実際にイタリアで起きた事件を元にしているという。

 

「私はこのラザロの冒険物語を通し、私の国イタリアを壊滅に追い込んだ悲劇を、愛とユーモアをもって、できる限り穏やかに伝えることを目指しました。…近代というものが何なのかまったく知らない何千人もの人が都市部へ押し寄せた時代。そのとき、彼らは今まで持っていたものを捨てて都市に移り住んだわけですが、そこで手に入るのは以前持っていたものよりお粗末なものばかりでした。」

 

f:id:mikanpro:20190430140653j:plain
数十年後、がけ下に転落したラザロは狼によって息を吹き返す。ラザロとは「ヨハネ福音書」に登場する人物で、イエスキリストの友人であり、死後4日目にキリストの奇跡で蘇ったという。つまり作品中のラザロは善人であるがゆえに聖なる人物として描かれる。

 

ラザロは街に出て、かつての村人たちと再会する。彼らは打ち捨てられたような都会の隅でまとまり、粗末な建物で雨露をしのぎ、盗品を騙して売りつけるような暮らしをしていた。

 

だがそこにラザロが加わっても何が変わるわけでもない。グループ内が和むというわけでもない。何の影響も与えない。何々だから、という理由が必要なく彼は無垢な人間としてただそこにいる。

 

いやただひとつ、道端の草が食べられるかどうか村人に教えることで、野菜の栽培をしたらどうかという意見が出るようになった。自然に還れ、と言っているようにも見える。

 

ラザロとはいったい何なのか?              

                      f:id:mikanpro:20190430140726j:plain

 「私が『ラザロのような人々』と呼ぶ人たちは、私の目から見たら善人だけれど、本人たちは自分のことを善人と思っていない、善人になろうとすらしていない人、善がなにかしらも分かっていない人のことを指します。…もし聖人が今日、現代社会に現れたとしたら、その存在に気づかないかもしれない。もしかしたら何のためらいもなく彼らのことを邪険に扱うかもしれません。」

 

存在に効果を求めてはいけない。ラザロは何もしないが、存在自体が目に見えぬ何かを与えるものとしてある。それは現実につながる何かではなく、何か心の在り方といったようなもの。私たちは現実につながる評価だけで生きているわけではないし、むしろ現実につながらない思いをたくさん抱えて生きている。だからこそ、現実につながることのない善人は聖人なのだろう。

 

監督・脚本:アリーチェ・ロルヴァケル
主演:アドリアーノ・タルディオーロ、アルバ・ロルヴァケルセルジ・ロペス
イタリア  2018 / 127分

公式サイト

http://lazzaro.jp/about.php

 

希望の灯り

f:id:mikanpro:20190416221742j:plain

まるで荒れ野のような大地に、規則的に並んだ街灯が小さな灯りをともしている。夜明けの消え残りなのか、これから迎える夜の暗闇に備えるためなのか判然としない。奥には高速道路が画面を横切るように左右に伸びている。この映画を見るものは、しばらくその風景のまえに佇む。

 

次に巨大な倉庫の中をフォークリフトが移動している。背景に流れる音楽は「美しき青きドナウ」。殺風景な雰囲気が陽気に彩られ、フォークリフトを巡る物語が始まる。

 

この倉庫にある青年がやってくる。今日からここで働くようだ。与えられた制服を着ても、首と腕にある入れ墨がすべて隠れるわけではない。彼、クリスティアンはこの日以後、制服を着るたびに襟の部分と袖の部分を引っ張るのが儀式となる。                 

                                                                                  f:id:mikanpro:20190416221804j:plain

その日のうちに先輩のブルーノに紹介されるが、内気なのか彼はほとんど口をきかない。

 

「無口なんだな。」

 

とブルーノが言う。そして次の言葉がその後の二人を暗示している。いい男だ。

 

「別にかまわんがな。」
                    
在庫管理担当はフォークリフトを自在に操らなければならない。不器用なクリスティアンはブルーノに少しずつ教わる日々が続く。ある日、年上の同僚マリオンを見かけたクリスティアンは、一目で惹かれてしまう。やがてマリオンも心を寄せ始めるが、実は彼女には夫がいた…。

 

監督はトーマス・ステューバー。

「ヒーローもいない、スーパー以外に所属先もない、小さな幸福を夢見ている社会の片隅の人々の物語を描きたかった。東ドイツも豊かになりましたが、東西再統一後を描いた映画は少ない。私達は、忘れられた、片隅の人々を取り上げて、知ってもらいたいのです。」

 

ここは旧東ドイツライプツィヒ。監督の生まれ故郷でもある。倉庫があったところは東ドイツ時代、運送会社だった。ブルーノはトラックの運転手として全国を回っていたのだ。かつてはトラック、今はフォークリフト、と自嘲気味に語る。

f:id:mikanpro:20190416221843j:plain

クリスティアンとマリオンの関係は進むようで進まない。何と静かな映画か。抑制は規律的だから美しいのではなく、その裂け目に生な感情が現れるからこそ美しい。その感情はクリスティアンの感情ではない。見つめる私たちの感情なのだ。やがてブルーノに、何気ない日々の静かさを破る事件が起きる。

 

人生はままならない。社会の変化が自分の環境を変えるからかもしれないし、情熱を失わせるからかもしれない。正しい社会が正しく幸福を連れてくるわけでもない。ひとはそれでも今という現実にささやかな喜びを見出そうとする。だが、とこの映画は言うのだ。ささやかな喜びは人生を支える力にならないこともある、と。

                                                                           f:id:mikanpro:20190416222009j:plain

原題は「通路にて」だが、邦題は「希望の灯り」に変えている。倉庫の前の街灯の灯り、あの灯りは夕暮れの灯りなのだろうか、夜明けの灯りなのだろうか。

 

監督・脚本:トーマス・ステューバ
原作・脚本:クレメンス・マイヤー(「通路にて」新潮クレメント・ブックス)
主演:フランツ・ロゴフスキ、サンドラ・ヒュラー、ペーター・クルト

ドイツ  2018 / 125分

公式サイト

http://kibou-akari.ayapro.ne.jp/